セキュリティの意識を高めよう!

先日、ゴルフ場でのスキミングによる偽造キャッシュカード
による預金引き出しの被害事件がありましたよね。
全国的にも偽造キャッシュカードによる預金引き出しの被害が
急増しているそうです。

偽造キャッシュカードを作りにくい「IC(集積回路)カード」が
あります。従来のキャッシュカードは磁気テープ式でこれは
簡単に偽造できるものです。
ただし銀行側は、コストが掛かり過ぎると慎重な考えを
持っているところが多いみたいですね。

■関連ニュース

偽造困難ICカード化、95%の銀行メド立たず
(読売新聞)
IC化にコストの壁 UFJ銀行など偽造カード対策
(中日新聞)
スキミング 暴力団の新たな資金源 カード偽造事件、被害金流れた?
(産経新聞)
スキミング 対策発表 被害者補償には慎重姿勢 全銀協
(毎日新聞)

結局のところ、わたしたち預金者に責任を押し付けたいって感じですね。
もちろん、個人のキャッシュカードの管理を徹底することも必要です。
引き出し限度額を設定できる銀行なら自分に合った金額にしておくとか
暗証番号は電話番号や生年月日など簡単に想像できるものにしないとか。

キャッシュカードって銀行の都合でわたしたち預金者に慣れさせたわけ
ですよね。人員削減とか経費削減とかなんとかで。。。。
ぜひともより安全なキャッシュカードの導入を望みたいですね。

とにかく個人レベルのセキュリティ意識を高めていくしかない
かもしれませんが・・・。

posted by 913 at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1800847

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。